サウンドスケープ

Compose&lyrics:岡田ケイスケ(NEUROGENESIS)

君が刻んでる記憶に、音となって書き込まれてく今日の私。

 

いじわるな世界、色を無くしてる。ああ君がいないだけで。

こんなにも僕を酷く苦しめる、この痛みも離さない。

 

息が出来なくて眠れない。うずく言葉聞いて。(届くかな)

 

深い迷宮の世界に、1つだけ鳴り響いてるこのメロディー。

狂った心で、やっぱり君が運命だと知る私。

止められない壊れた心臓で、君になりたい、君に堕ちて混ざりたいの。

 

あんなにも街は僕を無視してる。もう誰も知らないまま…。

 

星が眩しくて消されそう。君のカケラ何処へ。(手を伸ばす)

 

それは灰色の世界で一人だけ色を纏ったアイデンティティー。

零れた溜息、やっぱり君に触れられないこの私。

止められない震えた両手で、君へ告げたい、君はもうそこにいないけど。

 

少しでもその耳に潜り込めたら、きっと刻まれる、このまま。

 

深い迷宮の世界に、1つだけ鳴り響いてるこのメロディー。

狂った心でやっぱり君が運命だと知る私。

止められない壊れた心臓で、君になりたい、君に堕ちて混ざりたいの。

 

ささやかな願い、時に難しく

 

Composed byNSCA

 

まっすぐに続いていく、当たり前だと思ってた。

この道がいつの間にか分かれていた、振り返れば。

嘘ばっかりついていれば、何色にでもなれる。

器用さがあるのならば、楽に生きられるのかい?

 

大切なものたちに、気づけないままですれ違って。

なんども間違えて、花は散って僕は大人になって行く。

 

熱い想いを今、感じ始めた「否」ずっと前からきっとそこにあったんだ。

側にいれればいいな、ささやかな願いは、時に難しいが想い続けたい。

世界で一つだけ変えられるものは「自分だ!」

 

まっすぐに生きてゆく、当たり前ではないのかも。

あの夜の君の涙、いつまでも離れてくれない。

 

季節ごと変わってく花、思い出の陽だまりで、変わらないその素敵な瞳で見つめていてね。

 

涙の交差点で僕たちは何を選ぶだろう?

なんども傷ついてその度に強く生まれ変わってゆく。

 

熱い気持ちで今、溢れ出す勇気は、君にあの夜きっともらったものだね。

君を守りたいな、大それた願いはありったけの愛で実現するんだ。

世界で一人だけ自分自身を越えよう。

 

誰かと共に生きる度に心は、奥行きを増して行く、切なくも美しく…。

 

時には悲しみが掴んだはずの未来、隠してしまう日が訪れるだろう。

それでも僕は今、抱きしめるよ「涙」かけがえない時に気が付けるように。

 

熱い想いを今、感じ始めた「否」ずっと前からきっとそこにあったんだ。

側にいれればいいな、ささやかな願いは、時に難しいが想い続けたい。

世界で一つだけ変えられるものは「自分だ!」

 

君といたユニバース

 

Compose&lyric:岡田ケイスケ(NEUROGENESIS)

 

君とすれ違うまま 何処かで同じ願いを抱くユニバース

いつかあの日のように 君の手をとる日の為歩くユニバース

 

途切れた記憶のピント当ててみよう 繋がるかな?明日

 

君と叶えたい約束を今夜 星のキャンバスに描き出すよ

今すぐに素直な気持ちを告げたい あなたじゃなきゃ駄目なの

 

 

いつか消えた面影 今も心で熱く感じてユニバース

全て壊れる事も 君は知ってた だけど続きもユニバース

 

期限切れのように薄れてくメッセージ 君は笑って消えた

 

今時を止めて君へ巻き戻り いつか来た場所彷徨い廻る

この先にもう誰も待ってなくても あなたを見つけるまで…

 

壊れた記憶にそっと触れた手が

誰かの事 知っているように指差して 走り出すの

 

今思い出した約束が今夜 君の世界を導きだすよ

今すぐにはぐれた時間へ繋ぐ この気持ち君も今感じてるなら

 

君と叶えたい約束が今夜 星のキャンバスに溢れ出すよ

さよならの変わりにもう1度告げるよ あなたじゃなきゃ駄目なの

 

ソノ心、群青ニツキ。
 
Composed by NASCA
 
他の誰かを 待ち続けてる  君の笑顔 胸に刺さる
花束 しなだれて 自分の気持ち 直視できない
僕の弱さ 嫌味なほど 綺麗な空を見た
 
一つだけ叶うのなら ただそばにいさせてくれ
 
ソノ心、純情ニツキ。 君の名は呼べないままさ
会いたいよ 本当はわかっているのに
ソノ心、純情ニツキ。 君の手に触れないままさ
僕の全てを捧げても構わないのに…
 
 
他の誰かに想い馳せてる 君の涙 胸に刺さる
物憂げ 項垂れて 宛名さえない 手紙を書いて
風に任せ この気持ちよ 遥へ 飛んでゆけ
 
目を合わせ 微笑むたび 切なさが満たす月よ
 
ソノ心、純情ニツキ。 君の目に映らぬままさ
白昼夢 彷徨っては一人落ちていく
ソノ心、純情ニツキ。 君の手に届かぬままさ  
僕の全てを奪ってく罪人なのさ
 
もう一度 命があるとしても 叶わぬ恋を追いかけてしまうでしょう


コノ夜空、群青ニツキ。 行くあても分からぬままさ
月のいたずら 深く魅入られて
コノ涙、純情ニツキ。 止むことを知らないままさ
君の全てをひたすら求めて
ソノ心、純情ニツキ。 君の名は呼べないままさ
会いたいよ 本当はわかっているのに
ソノ心、純情ニツキ。 君の手に触れないままさ
僕の全てを捧げても構わないのに…

 

エントロピーを夢見て

Compose&Lyric:岡田ケイスケ(NEUROGENESIS)

君の手は温かく どうしていつも笑ってたの?
僕は今、背伸びをしたまま
見知らぬ場所で佇んでる

遠い場所で 混ざり合う
君がくれた未来探して(走るよ)
見失う事などない。

誰もいない空間で 彷徨う鼓動 君が見つけたんだ
駆け足で離れてく 手と手が 
いつか どうか 繋がりますように
何処かであなたが笑ってくれたなら
交わるエントロピー


駆け抜けたきらめくシーンを
瞳の奥に隠したまま

この胸を 締め付ける
君が消えた世界の果てで(響いた)
透明な音色に振り向いた

加速してく空間で 零れ落ちた 記憶届かなくて
止まれなくて 消えてく あの日を
いつか 僕が 探し出せるように
失くしたパズルがどこかで重なるよ
君とのアンソロジー

私だけの未来探して(走るよ)
もう迷う事などない。

誰もいない空間で 彷徨う鼓動 君が見つけたんだ
駆け足で離れてく 手と手が 
いつか どうか 繋がりますように
何処かであなたが笑った気がしたの
始まるエントロピー

 

 

時ヲ駆ケル

Compose&Lyric:岡田ケイスケ(NEUROGENESIS)

僕の中で(抱きしめてた)大事なもの(大事なもの)
胸に(秘めた)願い(1つ)聴いて欲しいの

君を好きと言えないまま
通り過ぎたあの日々
だけど僕はたった1つだけ
叶えたい夢がある

どんな遠い未来でもきっとそれは私を待ってる

今、目を開いて(手を伸ばして)風を掴む(私の手で)
君の(選ぶ)明日(ならば)もう怖くない
さぁ連れて行くよ(手を伸ばして)迷わないで(あの世界へ)
ああ いつか(いつか)きっと(きっと)巡り会うから
空はこんなに蒼く果てしなく
君の事を(僕の事を)
優しくずっと照らすから

 


一人ぼっち静かな朝
胸をよぎるあの日々
そうだ僕はたった1つだけ
追いかけていたMyFate

どんな遠い未来でもきっとそれは私を待ってる

今、時を駆ける(時を駆ける)風のように(風のように)
君の(選ぶ)明日なら(そう)絶(対)間違いじゃない
連れて行くよ(手を伸ばして)あの彼方が(見えただろう)
そう僕は(僕は)ずっと(遠く)走り続けた
君はこんなに強く輝いて
君の夢は(僕の夢は)
未来できっと出会うから

 

Starry

Compose&Lyric:岡田ケイスケ(NEUROGENESIS)


いくつもの未来へ導くこの道で
いつか輝きをこの胸に抱くの

こんなに求めて来た ずっと憧れていた
描いていた場所が
そっと私を呼ぶ声 聞こえた

いつか君が照れながら教えてくれた
夢が溢れ出してこの空に降り注ぐ

輝く願い流れたstarry 何も恐れずに煌く星空へ
手を上げて 掴もうよ
君の願いを今
 

 

零れた涙に濡れていた砂時計
新しい時を刻む音 感じた

遠くで叫んでいた ずっと憧れていた
目指してきた場所へ
進むステップ 足音が響くの

いつか僕が落とした大切な物が
星と踊りだしてこの空を変えていく

隠した願い弾けたstarry 二度と迷わずに君と星空へ
駆け抜けて この時を
君と未来へ、さぁ

帰る事もなく流星は流れてく
だけど君らしく誰よりも輝いて

輝く願い流れたstarry 何も恐れずに煌く夜空へ
輝く願い届けてstarry いくつもの夢を叶える星空へ
手を上げて 掴むから
強く願うよ今

 

終電のシンデレラ

Compose&Lyric:岡田ケイスケ(NEUROGENESIS)

踊りだす交差点 ネオン煌いて
歩道橋に架かるパステルな夜のレインボー

迷い込みたくて真夜中へ飛び出した
この胸にドキドキをください

終電のシンデレラ 夜を駆ける
“初めて”だけ求めて
期待してる 何が起こるかな
叱られちゃうね
何処でも行ける気がした
甘い場所までFallin'Night
夢中でドラマを探していたの

ヘッドフォンから溢れたお気に入りの歌
いつもとは違う響き方で惑わせるの

背伸びをしたくて誰かの真似をしても
この胸にドキドキをあげたい

終電のシンデレラ 街を翔る
振り向くたびにデジャブ
この時間が眩しすぎるから
でも帰らなきゃ
全てが自由に思えた
0時へ向かうdiver
今しか出来ないようなコト見つけたい
今日だけは...Ah
大人に近づいて行く為のMy Step

いつでも私いい子ちゃんじゃ居たくないから
色んな気持ち 見つけてみたいんだ

"もう!乗り遅れちゃうよ?"

終電のシンデレラ 夜を駆ける
“初めて”だけ求めて
期待してる 何が起こるかな
叱られちゃうね
何処でも行ける気がした
甘い場所までFallin'Night
夢中でドラマを探していたいから
いいでしょ?

 

 

NAVY

Compose&Lyric:岡田ケイスケ(NEUROGENESIS)


帰り道 君の隣では 長いストレート 揺れている

どんな話をして どんな目で見てるの? 「私を見て」なんて言えないよ


胸の中(胸の中) 伝えてしまったなら もう きっと 止まらない...

 

彷徨える青い渡り鳥は 君の心目指しながら

奪いたい 君のすべてを 鏡の中 消えたNAVY


勘違いしてた雨の日に 貸してくれた傘 何故だろう

世界は僕の為なんかに 周っていなかったと気付く雨上がり


君の名を(君の名を) 消してしまえたら 時計は動くかな


儚くて青い渡り鳥は 自分の羽根 千切りながら

気付いてよ ここにいるから 1秒だけ見つめさせて


憧れてた小説の中で生きれたなら こんなにも切なくないのでしょう


彷徨える青い渡り鳥は 君の心目指しながら

奪いたい...君のすべてを 奪いたい...

叶えて Navy blue lonely story 毒されてるこの翼は

黒ずんで傷ついたまま 君の声を感じていた... 感じてた...

© 2019 by 天使突抜ニ読ミ

  • YouTube Basic Black
  • Twitter Basic Black